アール・ケア グループ

ABOUT US

住み慣れた家や地域で、自分らしい暮らしを
人生の最期まで続けることができるように

  • 日本の将来を見据えて

    2040年に向けて、日本は人口減少から生じる多くの問題に直面します。その問題の中心は大きく二つ。一つは85歳以上の高齢者割合の急増。もう一つは、他の世代に比べ突出して人口が多い団塊世代が人生の終わりの時期を迎えることです。そのなかで、毎年80万人以上の方々の看取りを、在宅で行わなければならない実態も見えてきています。
    このような社会状況に鑑み、アール・ケア グループでは「人が健康に暮らすこと」「介護状態になっても安心して暮らすこと」、そして「自分らしい死を迎えて旅立つこと」の支援を命題として、その実現に邁進しています。

    出典:国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集」
  • 介護“も”できる目指すもの

    アール・ケア グループでは上記命題のもと、介護・医療・生活支援、3つの連携を通じて、「誰もが安心して暮らせる地域づくり」、「人生の“ハッピーエンド”を演出すること」を目指しています。
    人生の最期まで居続けることができる住居(サービス付き高齢者向け住宅)をはじめ、各種介護保険事業、移動販売や外出支援を実施。さらには自治体の委託事業として地域における介護予防と体力向上プログラムに携わるなど、25事業を展開しています。
    また、グループの大きな柱として医療法人ハーヴィスクリニックを設立。今後は特に、医療面の量的充実を図っていくことを目標としています。

  • アール・ケア グループの使命

    アール・ケア グループでは「人間が生まれてきた価値は、人に喜んでもらうこと、良い社会をつくっていくことにある」ということを社員教育の基礎としています。
    仕事を通じ、社会人として・企業人として、自らの価値を拡大するなかでより良い人となり、そのなかで良い介護・良い医療・良い生活支援を提供し続けること。これが私たちアール・ケア グループの企業使命だと考えています。

アール・ケアグループの強み

  • 2018年7月現在のアール・ケアファミリー370人
  • グループ事業数25事業
  • 業界一筋28周年
  • 新卒3年後定着率92%
  • 女性の復帰率93.93%
  • 専門職の職種20種以上